電子機器組立は外部委託できる時代です

電子機器組立は、部品リストに従って部品をプリント基板に実装し、操作部を取り付け、全体を外装ケースでハウジングする手順で行われます。

プリント基板への実装には、クリーム半田の印刷機、実装機、リフロー炉等の装置が必要で、ノウハウも要します。
こうした事から、携帯電話やスマートフォンやパソコン等の大量生産されるデジタル機器を中心に、電子機器組立を専門に手掛けるEMSと呼ばれる企業が、台湾や中国で台頭してきました。
こうした電子機器組立を専門に受託する企業を活用すれば、自社で開発と販売を行えば、電子機器メーカーとして起業する事が可能で、こうしたEMSを活用して中国等の新興電子機器メーカーが台頭して来たのです。
また、日本やアメリカ等の大手企業でも、高額を投資し、工場を建設するリスク回避のために、こうしたEMSを有効に活用しているのです。
上記は、大量生産の委託先として便利な企業と言えます。
一方で、小ロット生産を行う場合にも、部品実装には設備投資が必要で、自社で投資していてはとてもコストデザインが成り立たないケースも増えています。
こうした小ロット生産を外部委託できればと言うニーズに応える企業が国内でも増えています。
こうした企業は、プリント基板メーカーがプリント基板受注にプラスして、基板実装・電子機器組立へと業務を拡大して来たケースが一般的です。
以上の様に、開発力を有していれば、小ロットであろうと、大量生産であろうが、電子機器組立受託企業を活用する事で、現代ではメーカーとして起業し、成長する機会がある時代と言えるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *