電子機器組立はアルバイト?それとも派遣?

電子機器組立の仕事はアルバイトもしくは派遣という雇用形態が多いようです。

それ以外にも、パート、契約社員という雇用形態の求人も存在していますので、必ずしもアルバイトもしくは派遣となっているわけではありません。
正社員としての求人はそれほど多くはないようです。
工場の仕事では雇用期間の定めのある契約となっていることが多く、現場の多くは派遣やアルバイトなどの非正規社員が占めています。
現場主任やリーダーといったポジションは正社員がやっていることが多いようです。
電子機器組立がなぜ期間の定めがついているのかというと、生産量に変化があるからです。
需要に応じて製品の生産量を増やしたり、逆に減らしたりしているので、人員が必要になったり、逆に減らしたくなったりします。
正社員は原則として定年まで雇わなければならないため、リスクがあります。工場の仕事では契約期間つきのアルバイトもしくは派遣という雇用形態が合っています。
契約期間がついていることはデメリットばかりでもありません。未経験からの入社で1年目の場合、正社員の人でも給料は低めです。
しかし、派遣社員や契約社員の場合には未経験の1年目でも高い給料をもらえることがあります。
短期で稼ぎたいなら派遣社員や契約社員という雇用形態を選ぶというのも悪くありません。
しかし、正社員として働いたほうが責任のある仕事を任されやすいので、転職でも有利になります。
電子機器組立の仕事をやるときはデメリットについても理解をしておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *