電子機器組立技能士の資格

電子機器組立のラインなどで働く場合、電子機器組立技能士の資格を持っていると有利になるようです。

3級、2級、1級、特級というように等級が上がっていく仕組みになっています。
3級はだれでも受験ができますが、2級以上は実務経験2年以上、または3級合格者といった条件がつきます。
工場勤務で使える資格の1つですが、就職で有利になるという効果があるくらいでしょう。
この資格を持っていたら必ず電子機器組立の仕事ができるというわけではないということは誤解をしないでおきましょう。
資格はあくまで経験プラスアルファの効果しかありません。実務経験が最も重要であり、その上に資格を持っていたらさらに有利になるというものです。
工場の仕事でこの資格を持っていると、リーダーや現場主任になりやすくなるという効果はありそうです。
しかし、現場で求められているスキルは知識よりも、健康管理、元気、体力などとなるでしょう。
リーダーとして人をまとめるスキルも重要です。資格はほとんど影響がないという程度に考えておいたほうが無難かもしれません。
派遣や契約社員として働いている人は、この資格を持っていると正社員への転職で有利になるでしょう。
性格、実務経験、人間性、やる気、元気などさまざまなポイントが見られるので、やはり資格を持っているだけでは足りません。
電子機器組立技能士の資格がどのくらい役に立つのかということはケースバイケースですが、持っておいてマイナスになるということはないので、機会があったら取得してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *