電子機器組立作業の流れ

電子機器組立作業はライン作業になることが多いようです。

電子機器がベルトコインベアなどにのせられて流れてきて、各工程の人が製品を次々と組み立てていくという流れになります。携帯電話やカメラなど、比較的軽くて小さな部品が多いです。そのため、女性もたくさん働いている職場もあります。基本的には立ち作業となるようですが、座り作業の仕事もあります。

集中力が要求されるような仕事の場合、座り作業となる可能性も高いでしょう。電子機器組立の仕事では座ってでも立ってでも出来る仕事がありますが、会社によってそれぞれのやり方があるので、基本的にはリーダーや社員の指示に従って作業をやらなくてはなりません。座ってでもできるからといって、勝手に座って働くということは許されないでしょう。

電子機器組立の仕事は、比較的手先の器用さが求められます。体力があるので重いものを持つ仕事をやってがっつりと稼ぎたいという人には向いていないかもしれません。中にはトレーニングが好きで、休日のトレーニングだけでは足りないので、仕事でも重いものを持ったりして体力をつけたいという人もいます。そのような人は体力が必要とされるような仕事を選ぶとよいでしょう。

新人として働いて、1日で仕事を覚えてしまう必要はありません。特別なことをしようとせず、あせらずにゆっくりと仕事を覚えたほうが、評価されるでしょう。特別なスキルよりも安定してしっかりと仕事をこなせる人が求められている傾向です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *