電子機器組立から電子機器メーカーに進化した台湾企業

電子機器業界においてはパソコンや携帯電話等の大量生産される機器は、日本メーカーを始めとして台湾を中心とするEMSと呼ばれる電子機器組立専門企業に委託生産する方式が長く続けられてきました。

日本等の電子機器メーカーは設計開発を行い、EMSで委託生産し、自社ブランドで販売するという方式を国際分業として進めて来たのです。自社の海外工場で生産するより、数量変動に対応しやすい等のメリットがあったからです。

こうした分業を進める中で、EMS企業は設計開発にも事業領域を広げ、設計開発から生産までを請け負い、OEMを担う電子機器メーカーへと進化を遂げて来ました。こうした事業拡大は、コモディティー化したデジタル機器ゆえに可能だったと言われています。こうして、いつしか元々は委託先であった企業が力を付け、日本の電子機器メーカーはパソコンや携帯電話事業から撤退せざるを得ない状況に追い込まれていったのです。

電子機器組立をする中で、徐々に力を付け、エンジニアを育て、半導体のチップセットによってコモディティー化した電子機器の全てを行える企業へと成長し、今では日本の大手家電を傘下にするほどの巨大化を達成したのです。大量生産の世界では、熾烈な価格競争が行われ、その対応として考え出された施策によって、いつしか産業構造が大きく変化するという事例と言えます。

電子機器組立を中心として来た日本の電子機器メーカーは、より付加価値の高いデバイス関連や車関連と言ったノウハウと信頼性がより要求される分野にシフトを進めています。グローバルに事業が展開される時代の中で、かつて輝きを持っていた日本の電子機器メーカーが、シフトに成功し、再び輝きを取り戻す事を期待したいと思っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *