制御盤をデジタル化して操作性を向上

制御盤はプラントなどの機器を制御する上で非常に重要な役割を担うものであり、万が一の際には簡単に状態を確認し操作を行うことが必要になります。しかし複数のブランドを組み合わせた場合や、増設を繰り返し操作性が煩雑になったものについては、定期的な確認を行う際にも複数のものをチェックしないといけないため非常に処理が煩雑になり、また緊急時に停止などの措置を行う場合にも複数の操作を行わなければならないため操作性が非常に劣っているケースが少なくありません。
制御盤の操作を簡単にするためには、表示のデジタル化が非常に便利です。これは数値で様々な状態を表示することで従来のアナログ式の表示では読み取りに時間がかかる上、制限値付近の微妙な判断が難しく担当者がその判断に困ってしまうことも少なくありませんでした。
これをデジタル化することで一目で数値が読み取れるようになるほか、緊急時には迅速に対応できるというメリットがあります。最近の制御盤の方式はそのほとんどがデジタル化されており、出力形式がアナログになっていることが少なくありません。
プラント自身の出力形式がデジタル信号となっていることが多く、そのためデジタル化するのはさほど難しいことではない上、操作性を向上する上でも非常に便利になります。また複数の制御盤を配置している場合には、これを1つに取りまとめることが操作性を向上する上で非常に重要となります。
プラントの異常を早期に発見し対策を行うことができるようになるため、全てにおいて迅速な操作が取れるようになり非常に便利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *