制御盤にはスイッチやメーター類があります

工場の中では色々な機械や生産ラインがあります。これらの設備を動かすためのスイッチや温度・速度・圧力などの数値をモニターするための制御盤が設けられています。制御盤はスイッチやメーター類が付いている、1箇所にまとめられているなどの特徴があります。尚、制御盤は遠隔操作を行うための箱でもあり、箱の中には変圧器やヒューズ、電磁開閉器、タイマーやリレーなどの回路が内蔵してあり、機械の点検などを行う時には、安全装置を利用して事故が起こらない工夫が行われているのが特徴です。
工場内で利用する産業用機械や工業用機械、電気設備はインパネとも呼ぶ制御盤の中で細かな設定などを行えるようになっています。1箇所にまとめる事で集中管理が出来るなどのメリットに繋がって来ます。仮に、コントロール系統がそれぞれの場所にある場合、工場内のラインを停止する時には、それぞれの設備機器の所に移動して操作をしなければなりません。
大きな工場などの場合、停止するだけでもかなりの時間を費やす事もあります、逆に始業時にもそれぞれの設備の所に歩いて操作をしなければならなくなってしまいます。尚、制御盤は情報を受け取る制御回路、機械類や設備などを動かすための動力回路、これらの回路が正確に動作しているのかを目で見て分かるようにするためのメーター類などが取り付けられています。
従来は個別に機械操作を行っていたものが、一つにまとまる事での効率化を図れるなどのメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *